スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★世界に牙をむいた地元企業★

2009年03月19日 10:45

昨日久しぶりに親父が出張で来たので、焼肉食べ放題だったtocoです。

久しぶりに親父と話す機会があったのですが、
父親はどうやら地場産業活性化の取組をやっているみたい。

と、いうことで今日は、
初めて地元が世界に牙をむいたとささやかれ、
「マイクロソフトか一太郎か!」と言われた
株式会社ジャストシステム並みの
社会的インパクトを起こしている地元企業を紹介したいと思います。
(※今日のブログはHIP HOPとは1mmも関係ないです。。。)


ちなみに現在地元の状況を一言で言うならまさに「しがない!!」

どこを歩いても若者がいないし、商店街はシャッター街に。
もはや目にするのは、昭和を生きた戦士達のじっちゃん、ばっちゃん!!

ん~若い人たちはみんな県外にいってらっしゃるのかしら?
完全に少子化と、過疎化の影響を受けているこの町。
このままでは団塊の世代の戦士達が世に召される時
はこの町はいったいどうなってしまうことやら。

地元に限らず多分どこの田舎もこんな感じやろな。。。

そんな中で「葉っぱビジネス
と言う素晴らしいビジネスモデルにより、この過疎化に歯止めをかけた、
株式会社 彩(いろどり)という企業があるのだ!
(テレビを見て知っている方も多いはず!)

㈱彩が生まれた場所上勝町(周りは見渡す限り山、森、川の自然に囲まれた町!!)
は綺麗な自然とはうらはらに過疎化の為、ホントにじっちゃんばっちゃんばっかり!
もともと上勝町は木材と温州みかんの産地であったが、木材は輸入材に、
みかんも自由化の波を被って値崩れ。
このままでは町は荒廃し人口流出が続くばかり。

綺麗な自然に囲まれた上勝町

若者は都会に出てしまい、年寄りばっかりで農業が出来ずにどうしようもない
スラム街だった上勝町!!!

そこで閃いたのがあ、葉っぱ売ればいいじゃん!とのこと。

美食の日本、ちょっとした料理屋や気の利いた料亭に行けば、
季節の食材に添えられている「つまものに添えられている葉っぱを売る!

日本料亭に出す「つまもの」

もし友達がこんなビジネスモデルを相談してきたら、はっきり言って
「無理!無理!売れるわけないやんwwww」
と馬鹿にしていたことだろう。

しかし今やその「葉っぱビジネス」も年商3億円$$$

防災無線FAXやパソコンによる情報網というインフラを整備し、
ネットで「葉っぱ」の注文が入ると、情報網を使って地域のおばあちゃんたちに知らされる。
お年寄りでも使えるオリジナル端末も開発されスムーズに葉っぱの入荷、
出荷が行われるようになった。
軽量で付加価値の高い品は、女性や高齢者にも扱いやすく、設備に大きな投資も要らない。

そして、面白いのが葉っぱビジネスの創設者の横石知二さんの収入よりも、
葉っぱを収穫するおばちゃん達の収入の方が多いことである!
おばちゃん達の中には年収1000万円以上葉っぱで稼ぐ人もざらにいるそう!
(ちなみに当時横石さんは農協の職員だったため37才で月給17万~18万円だったそうな・・・。)

社長のお給料よりも社員さん、アルバイトさんのお給料が多い。
これぞまさに、ネオ資本主義!!!
収入が増え税金を納める高齢者も増えさらに、身体を使うことで高齢者が精神的にも
肉体的にも元気になっているみたい!


しかし効果はそれだけではない!町興しの好例として全国から注目され、
若い世代の人たちも大勢集まって来る。
まさに地域ビジネスのメッカ的存在となったのだ!!

このどこにでもあって、お金にならないとだろう。
という常識を打ち破って「葉っぱ」に目をつけ町興しに活かしたという
知恵は一級品!!

そしてそのアイディアを実行した
行動力は世界を変えたガンジー並み!!!

光の裏には影があるように、当然ながら相当大変な壁があったに違いない。


ふっと閃いたアイディアに、ちょっとした行動が、いつしか町を動かし、日本を動かす!!


インターネットなどのおかげで人がいない町でも、田舎のしがない商店街でも
少しの知恵を出し協力し合えば何か面白いことが出来る!と思った今日この頃でした。



そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの再生そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの再生
(2007/08/23)
横石 知二

商品詳細を見る


(一つ違うリンクが入っています。どこに飛ぶかはお楽しみ★)
    
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。